胸にきびと背中にきびはどうしてできるの?

胸にきびと背中にきびの原因

胸と背中は顔と同じで、皮脂腺が多いため、にきびができやすい場所でもあります。

原因は古い角質が厚くなって毛穴に皮脂が詰まることで胸と背中ににきびができます。

従って、皮脂をよく洗い落とすための入浴が最も大切です。

特にシャンプー&リンスした後は、胸や背中に洗剤が残りがちですので気をつけましょう。

また、シャンプー&リンスの原料である合成界面活性剤は石油が原料のため、にきびにはとてもよくありません。

合成界面活性剤が原料でない、無添加のものを使用しましょう。

にきびのできにくい入浴法

『頭を洗う』

髪の汚れをお湯で洗い流します。

髪の水気を切り、シャンプー剤を手に取り泡立てます。

泡立てたシャンプー剤で、髪に付着している汚れやスタイリング剤などを洗い流します。

もう一度、シャンプー剤を手に取り泡立てます。

次は髪ではなく頭皮をマッサージするように洗いましょう。

ダメージケアとして、トリートメントとリンスを使いましょう。

すすぎをするとき、胸や背中にシャンプーやリンスが毛穴に入ってしまうと胸にきびと背中にきびの原因となりますので、たっぷりのすすぎをしてください。

『体を洗う』

弱アルカリ性の純石鹸などを使用して、たっぷり泡立てやさしくなで洗いしましょう。

手の届くところは自分の手で洗いをしましょう。

洗浄後はしっかり充分すぎるほどすすぎをしてください。

石鹸をしっかり洗い流さないと、胸にきびと背中にきびの原因にもなります。

『入浴・湯船につかる』

湯船につかることにより、体が温まることで汗と合わせて老廃物を出すだけでなく、毛穴の汚れを溶かし出し、胸にきびと背中にきび、体にできるその他のにきび予防にもなります。

さらにすすぎ残したシャンプー&リンス、石鹸を取り除いてくれます。

一日の疲れを癒してくれますので湯船につかることをお勧めします。

『入浴後のケア』

顔はもちろん、にきびのできやすい胸と背中にも化粧水や乳液を忘れずにケアをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です