白にきびの原因・改善と治療法

白にきびとは?

白にきびとは、にきびの初期症状で毛穴からプクッっと白く盛り上がったのが白にきびです。

毛穴の中に皮脂や固くなった角質が溜まることによって白にきびができ始めます。

にきびの原因であるアクネ菌が皮脂を餌として繁殖し、繁殖したアクネ菌を退治するために白血球が戦い、残骸となった白血球が膿として溜まっていく流れになります。

白にきびが進行すると、黄色にきび(つぶすと白い液体のようなものが出てくる)へと進んでしまいます。

白にきびができる原因

肌のターンオーバーが正常に行われないことが一番の原因です。

通常28日周期で肌は生まれ変わります。

肌がうまく生まれ変わらないと、古い角質がはがれず蓄積してしまいます。

角質が蓄積されると毛穴がふさがってしまい、毛先から排出されるはずの皮脂が皮膚の中で溜まることが、白にきびができる原因です。

そのまま放っておくと赤にきびや化膿にきびへと悪化してしまいます。

肌の乾燥が白にきびの原因

肌が乾燥していると、肌の潤いを保とうとして皮脂を過剰に分泌します。

皮脂の分泌が過剰になると、白にきびの原因になります。

乾燥肌はにきびになりやすい環境だとも言えます。

肌から粉が吹きでていたら間違いなく乾燥肌ですので保湿ケアをしましょう。

白にきびの対処法と治療法

肌のターンオーバーを正常に整えることが一番大切です。

これは私の経験ですが、正しいスキンケアと腸内環境を整えていれば、繰り返しできるにきびに悩むこともないと体験しています。

初期段階である白にきびの時期に治療するのが理想です。

白にきびは放っておくとどんどん悪化し、赤にきびの原因にもなりかねません。

最悪の場合にはにきび跡として残ってしまいます。

にきび化粧品の正しい選び方とスキンケアの重要性

の記事を参考にしてください。

できた白にきびは触らない

気になって白にきびを手で触ってしまいますが、手に付着しているバイ菌がにきびを更なる悪化にしてしまいます。

化粧(メイク)を落とさないで寝るはダメ

化粧(メイク)を落とさないまま寝るのだけは絶対にしないでください。

ファンデーションは油分が多いですので落とさないで寝てしまうと、もの凄い速さでにきびが進行します。

どんなに眠くても必ず化粧(メイク)は落としてください。

白にきびを潰すのはダメ?

にきびを潰すのはダメと言われていますが、表面の皮脂を取り除くことで治りも早くなりますので、正しい方法でやることが大切です。

詳しくは

にきび跡にならない正しい潰し方。間違った潰した方はにきび跡に…

の記事を参考にしてください。

白にきびは抗生物質が効く?

残念ながら白にきびは抗生物質を内服しても効果は期待できません。

抗生物質が効くのは、膿をもった赤にきびと化膿にきび・黄にきびです。

詳しくは

にきびに即効性のある抗生物質(内服薬)効果抜群・今すぐ効く治療法

の記事を参考にしてください。

まとめ

白にきびは毛穴の中に皮脂や固くなった角質が溜まることによって白にきびができ始めます。

白にきびを繰り返さないためには、皮脂の分泌を抑えることが大事です。

不規則の多い世の中ですが、スキンケア・腸内環境・睡眠。

この3つは重要になりますので、白にきびを作らないためにも日々の習慣として取り入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です