黒にきびの原因・改善と治療法

黒にきびとは?

黒にきびとは白にきびの進行形で、毛穴に詰まった皮脂と角栓が表面に出ることで、空気中の酸素とふれることにより酸化したものが黒にきびです。

つまり毛穴に収まり切らない角栓が毛穴に詰まって飛び出してしまうことが黒にきびの原因です。

症状として黒く盛り上がったにきびで、主に鼻・頬・胸・背中などにできやすく、黒いぶつぶつが黒にきびの特徴です。

痛みがないので、気づかないうちに黒にきびがいろんな場所にできていたりしています。

痛くないけど目立つ黒にきび…

黒にきびの原因と黒にきびの治療法、黒ニキビの予防をお話ししていきます。

黒にきびだらけのイチゴ鼻

皮脂の分泌が多い場所の1つの鼻に黒にきびはできやすく、黒い点が黒にきびの特徴になります。

黒にきびが進行すると、赤にきびから化膿にきび、俗に言うメンチョに進んでいきます。

私は昔、指と指で鼻を挟んでギュって押すと、ニョロニョロと白いクリーム状を出していたことがあります。

今思うと、毛穴に詰まった皮脂を押し出していたのですが、面白いように出したあと高確率で赤にきびから化膿にきびとなって、小指ほどの大きなメンチョができていました。

このメンチョが目立つうえにもの凄く痛いのです。

イチゴ鼻が嫌なのはわかるのですが、間違っても私のようにしないでください。

黒にきびができる原因

黒にきびができる原因ですが、毛穴に詰まる皮脂・角栓が原因となりますので、肌のターンオーバーと保湿が重要になります。

食事・腸内環境・スキンケア・睡眠などが不規則になると、肌の古い角質がうまく剥がれず、毛穴に角栓が溜まると皮脂が毛穴から出すことができなくなることが原因になります。

黒にきびが悪化すると赤にきびや化膿にきびへと進んでしまいますので、早めの処置が必要となります。

黒にきびの治療法

黒にきびを今すぐ取り除く方法をご紹介します。

1.蒸しタオルを鼻に当てて毛穴を開かせます。

2.ノンコメドジェニックのクレンジングを鼻に付けて、やさしくマッサージをします。

3.すすぎをたっぷりしてから洗顔をします。

4.コットンに化粧水をなじませ、両側から鼻をはさむようにして、毛穴の黒にきびをやさしく押し出します。

5.保湿(乳液)

毛穴パックで黒にきびを取り除く

毛穴パックで黒にきびを取り除くことができるのですが、毛穴が硬くなっていると全ての黒にきびを取り除くことはできません。

蒸しタオルや入浴後の毛穴が開いた状態で毛穴パックするとより効果的です。

毛穴パックは肌への負担がありますので、残った黒にきびや新しくできた黒にきびができても、短期間での使用はさけてください。

黒にきびを今すぐにでも治したい気持ちはわかるのですが、やり過ぎると肌のバリア機能を弱めてしまい黒にきびの原因にもなりかねません。

必ず使用方法を守ってください。

黒にきびの予防

黒にきびを予防するには毛穴に角栓を詰まらせないことです。

角栓を詰まらせないためには、肌のターンオーバーが正常に行われることが必要になります。

スキンケアについては

にきび化粧品の正しい選び方とスキンケアの重要性

の記事を参考にしてください。

腸内環境については

にきびに良い食べ物・にきびに悪い食べ物

の記事を参考にしてください。

まとめ

毛穴に収まり切らない角栓が毛穴に詰まって飛び出したのが黒にきびです。

初期段階である黒にきびの時期に治療するのが理想です。

黒にきびは放っておくとどんどん悪化し、赤にきびの原因にもなりかねません。

最悪の場合には、にきび跡ができてしまいます。

鼻でいうメンチョです。

痛いですよね?

メンチョも跡が残りやすいですので、洗顔で清潔な肌を維持しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です